OKIKO BLOGGood Choki Bridge

ジェット機のように加速するシャフト✈


皆さんこんにちは!OKIKO BALANCE広島店の野村です!
本日のOKIKOブログは当店おススメのシャフトtrpx『AFTERBURNER』を紹介致します!





まずアフターバーナー(AFTER BURNER)とは何か?アフターバーナーとはジェットエンジンの排気に対してもう一度燃料を吹きつけて燃焼させ、高推力(押し進める力)を得る装置だそうです。簡単にいうと移動する物体を進行方向に推し進めて加速させる装置をアフターバーナーと言うそうです。(Wikipedia引用)






その航空機のジェットエンジンから生まれる炎というのがアフターバーナーの由来だそうです。ボールに圧倒的な推進力を与えるをメインコンセプトに開発したそうです!さらに「走り・しなり・振り抜き」をこれまでのどのプロダクトよりも感じやすく設計!






新たに取り入れた国内繊維メーカーの最高品質カーボンシートを使った、trpx独自の技術FOOP TECHNOLOGYをフルレングス採用することにより、ボール初速の向上に成功!
アフターバーナーの最大の特徴がこのFOOP TECHNOLOGY!!
フープテクノロジーはシャフトに対して、配向角度90度に繊維が配置された層をフルレングス採用したtrpxにしかない技術!この技術でダウンスイング中に楕円(しなりによる潰れ)になるシャフト径を真円に戻す働きを利用し今までにないボールスピードの向上を実現!





フープ層を全長に入れてあるので潰れの復元が物凄く早いという事。アフターバーナーは真ん中から先は低トルクで、手元側はトルクを多め。1本のシャフトを場所によってトルクを変えているシャフトは中々無いので面白いですよね!インパクトに近づくにつれて、低トルクの真ん中から先と、復元力の高いフープ層の効果で当たり負けせずに全部を初速に転換でき、左にいったり、フェースが開くようなミスにも強くなります!
アフターバーナーのシャフトにも、楕円を真円に戻すフープテクノロジーの文字とその形が描かれています!





私も他のスペックで試打をしましたが、AB601 Sが合っていました!





アフターバーナーには大きく分けて4つの重量がございます‼重量によってカラーも異なります。

AB301(試打クラブ:R)





AB401(試打クラブ:R)





AB501(試打クラブ:R.SR.S)





AB601(試打クラブ:SR.S.SX)





試打ヘッドはBB4





NewリョーマTypeD 10.5°での試打が可能となっております。







美人ドラコンプロ押尾紗樹さんのエースシャフト、アフターバーナー!!





楕円(しなりによる潰れ)になるシャフト径を真円に戻す働きを利用し今までにないボールスピードの向上を実現してくれるジェット機をイメージしたアフターバーナーを是非お試しください!!シャフトにはジェット機のデザインもあり爆発的に加速してくれそうな予感しかしません!!






以上OKIKOブログでした!!