OKIKO BLOGGood Choki Bridge

新ブランド「KING LOVE QUEEN」eRook

皆さんこんにちは!

OKIKO BALANCE広島店の野村です!

本日は新しく取り扱いを始めたメーカーの商品をご紹介したいと思います!

 

名古屋のカスタムメーカーKING LOVE QUEENeRook (イールーク)

なんとこのヘッド、大手メーカーの製造工場で作られ大注目されている新ブランドのヘッドなんです!

 



 

これがKING LOVE QUEENのデビュー作となります!

KING LOVE QUEENの【eRook RK55z】には4つの大きなポイントがあります!

 



 

1つ目は『直進性を求めたヘッド形状』

大きな特徴としては他のヘッドより「バルジ」「ロール」が少ないこと。

 



 

写真ではわかりにくいかも知れませんが、他のヘッドと比べてみても確かにロール、バルジが少ないのがわかります!!

極端に言うと真っ平に近いヘッドです!

 

なので球を曲げて打ちたい!という方は、操りにくいかもしれません…

直進性を求めたフェース形状で曲がり幅が少ないヘッドですからね!

 



 

フェース面を平らに近づけることでサイドスピンが激減するデータが出ているそうです!!

そして打点のバラツキによる飛距離ロスを制御!

さらにターゲットに向けて構えやすいフェースになっているので、構えた感じが凄くしっくりきました!!

 

 

 



 

ソールと、

 



 

クラウンに強度を持たせて、フェース全体が撓むトランポリン効果でボール初速をUPさせます

 

 



 

2つ目のポイントは、『重心点』

 

インパクトエネルギーを最大限に増幅する重心点の配分を計算し、やや重心距離を長くすることでミスショットの許容性をアップ



 

ヘッド肉厚を配分し重心高を低設定値にすることで低スピンを実現!
重心深度をヘッド形状に最適な深さにすることで、挙動を抑えながらも、飛距離性能を最大限に得られる強弾道重心設計となっています!

 



 

重心距離は42mm!

何度も言いますが本当に直進性を求めたヘッドですね!

 



 

3つ目のポイントは『サウンド解析』

 

心地よい打球音と打感の良さを実現するために、何十通りものサウンドシミュレーション解析を行い、最適なヘッド振動による周波数(=打球音と打感に相当する)を追い求め、いくつもの試作を重ねた上でヘッド内リブ配置を設計!

数多くのプロ・トップアマによる実打テストと科学的な検証を経て、追い求めていた打音と重心の両立を達成したそうです!



他のメーカーさんでここまで打音を研究し、開発したヘッドは中々無いのではないかと思います!

 

 

4つ目のポイントは『素材(フェース採用素材 チタン系 Ti-5N)』

 



 

フェース素材は結晶粒が細かく敷き詰められ割れにくいTi-5Nチタンを採用

Ti-5N素材はフェースが撓んでも割れにくく、飛びのポテンシャルを大きく秘めた素材を採用してあります。

 

 



 

 

もちろん試打クラブも完成しております!!

 



 

 eRook RK55z

 



 

シャフトはLOOP プロトタイプLT★

 



 

試打スペックはこちら☟

 



 

 

新ブランドKING LOVE QUEENのeRook是非お試しください!!

以上オキコブログでした!!