OKIKO BLOGGood Choki Bridge

門田店長の珍兵器

皆さんこんにちは

OKIKO BALANCE 広島店の野村です!

去年、Facebookで紹介したので既にご覧になられた方もいるかもしれませんが【GOLF DIGEST 1月号】!



 

OKIKO BALANCEの『神スペックドライバー&シャフト』をご紹介して頂きました!



 

さらに、【PCM】というマニアックな雑誌で全国ゴルフ工房特集の表紙になんと社長が!!!

ビックリです



この2冊とも当店に置いていますので、ご覧になられてみてください PCMは本屋さんなどには置いてないですからね

 

 

さて今日のOKIKO BLOGは、題名にあるように門田店長が【珍兵器】を手に入れたので、それを皆さんに紹介したいと思います



 

門田店長が手にしている珍兵器とは……

こちら!



 

一見普通のウエッジに見えますが、実はこれが門田店長の珍兵器なのです

 

その珍兵器がこちら!

『イーデル DVR』!!

めちゃくちゃ美しいヘッドです



 

 

これが珍兵器!

『普通のウエッジじゃん!!』と思われた方もいるでしょう!

 

ご覧ください

 



ソールには『SIXTY 2と刻まれています!!

 

『SIXTY 2』とあるように実はこれロフトが62°あるウエッジなんです

皆さん62°のウエッジを手にしたことありますか?

構えるとボールが真上に上がるような感じがしてきます



 

フェースを開いてみると……



 

絶対にボール上がりますね

エッジからピンが近い場面や、深いバンカーなどで活躍するでしょう!!

ソケットもシルバーのラメ入り☆



シャフトはMOUDUS3の限定バージョン(赤)



 

グリップは勿論PALMAX



世界に1本だけの組み合わせに間違いないでしょう!!こだわっていますね

 

実際に打ってみました!!



 

記念すべき1球目

フルショットで打ってもらいました!



 

1発目54ヤード!

62°なのでそうなりますよね

私も62°でフルショットしてみましたが、フェースにボール長く乗り打感も柔らかく気持ちよく振りぬく事が出来ました!!

この時の感触が忘れられません 門田店長はそれを狙っていたのか…

 

 

門田店長がなぜ、62°の珍兵器を14本と限られているクラブセッティングの中に入れようと思ったのか…

門田店長に聞いてみました

 



 

 

Q.なぜ62°をセッティングに入れようと思ったのですか?

A.フェースを開かなくても簡単にロブショット(球を上げる)が打ちたいと思ったから。あとはバンカー越えアプローチの対策!

 

確かに、62°だとフェースを開かなくてもロブショットのような球にはなります!

私から見て、門田店長はグリーン周りなどロブショットが必要のない場面でも、ロブショット気味のアプローチをするイメージがあるので、門田店長には62°はもってこいかもしれません

 

 

 

 

以上OKIKOブログでした!